350日の節約生活

 
HOME » 6)ネットショッピング » 電動鼻吸い器・コクリン

電動鼻吸い器・コクリン

我家の子供たちはどうしたわけか鼻水がとまらず、週に2回ほど耳鼻科に通って鼻水を吸ってもらっています。
たかが鼻水と思うなかれ、ほおって置くと副鼻腔炎になったり中耳炎になったりとなかなか厄介なものなのです。
とくに次男坊はまだ1歳と小さく、自分で鼻を啜ることもかむこともできないので常に鼻がブロックされている状態は非常につらいのです。
耳鼻科の医者からはできれば毎日でも鼻水を吸ってもらいに病院に通うべし、といわれているのですが、正直混雑した病院にチビ二人を連れて・・・というのはなかなか厳しいものがあります。

そこでなんとか自宅でも鼻水を吸うことはできないかとインターネットで探したところコクリンという電動の鼻吸い器を発見!お値段1万円となかなかの高級品ですが、これで子供たち(と私)が楽になるのなら痛くない出費と思い、思い切って注文してみました。
私の通販生活でこれほど手元に届く日が待ち遠しかった商品はないと思います。

+++

さて実際に商品が届き、さっそく息子二人を並べて鼻を吸ってみました!
・・が、結果から言うと私の期待するような効果は発揮してくれませんでした。(泣

数字上は口で吸うタイプの鼻吸い器よりは吸引力があるようなのですが、あまり実感できず。なにしろ耳鼻科の鼻吸いの機械の威力をイメージしていたので、ハンディなコクリンのパワーは予想外に弱々しいものでした。(大層なイメージを抱いていた私が悪いんですけど・・)
確かにうまく使えば水っ洟なら結構吸ってくれると思うんですよ。
ただうちの子たちは粘度の高い青っ洟(色のついた鼻汁)なのでこの吸引力では太刀打ちできないんですよね。
小さな子供が鼻水を吸わせてくれる時間なんてわずか数秒のことなのでもう少し吸引力のあるものじゃないと思うように鼻水はとれないんじゃないかと感じました。

高い買い物をして得た結論は「がんばって耳鼻科に通うべし」というものでした。
今となってなんで先に耳鼻科の先生に相談しなかったのだろうと思います。トホホ。
(ただこの商品には鼻洗浄の機能もあるので花粉症の人には効果を発揮してくれるかもしれません。)
今のところ、鼻吸い器としてはチュチュ 鼻水キュートルが私には一番使いやすいです。口で吸うタイプはこっちが倒れそうになるので苦手なんです。^^;

このコクリンという商品自体が悪いとは決して思いませんが、残念ながら我家の欲しているものとは少し違ったようです。
全国の子供の鼻水・鼻詰まりでお悩みの親御さんの少しでも参考になればと、敢えて正直な感想を残しておきます。

Posted by jizou at 2006年02月06日 00:20 | Comments (7) | TrackBack(0) | 節約ランキング | このエントリーを含むはてなブックマーク


 
当サイトは、Yahoo! Japanの【倹約・節約】および【レシピ】、All About Japanの【節約・やりくり】に登録されています。
・・・
当サイト内の文章、デザイン、画像の無断転載、複製はおやめください。
また各サービスなどの利用、入会等のアクションは個人の責任において行って下さい。
質問、広告掲載のお問い合わせなどはnomail1.gifまでお願いします。